ピロール農法

imgstyle.info_1816M

有機農法が、安心安全な野菜を育てると認識されている方が多いかもしれません。

一定の基準の中で作られるという意味では、安心と言えるのは事実です。

しかし、危険の少ない安全な量の農薬を使ったとしても、農薬は土に残ってしまいます。

ピロール農法は、土に残る農薬を分解し、野菜が土から養分を吸収する過程を助けます。

 

我々がこの農法の良さを実感したのは、作られた野菜が美味しかったという単純な理由でした。

ピロール野菜は、高い栄養価、塩害汚染復旧を3年から1か月に短縮等、価値は数字で証明されています。

しかし我々は数字を味として理解する事は出来ません。

結果、生産者も日本の土壌も顧みず野菜を作ってきたのだと思います。

 

美味しくて安全な野菜が作れるだけでなく、素晴らしい素材を育む土壌を作っていける農法。

世代を超えて日本に残せるものがある。

そう考え、我々はピロール農法を支援し、ピロール野菜を広めていきます。

ピロール農法で育った美味しい野菜と国産ワインの相性は抜群です

渋谷のMa Maison パサージュガーデン店では、お客様に安心で美味しい野菜の味を知っていただきたく、国産野菜、しかも、ピロール農法で生産した野菜にこだわっています。
ピロール農法はあまり聞きなれないかもしれませんが、従来の有機農法と異なり、土壌発酵による二酸化炭素の排出がなく、農作物をイキイキと育てる酸素が発生する点に特徴があります。新鮮で旨みたっぷりのピロール農法で育った国産野菜と、国産ワインとの相性は抜群です。
ピロール農法では、周囲へ雨とともに農薬が土壌に紛れ込んでも、地中で農薬を分解する作用があるため農作物の栄養補給を助けます。そのため、渋谷のMa Maison パサージュガーデン店で食べた野菜の美味しさが忘れられないとリピーターが続出しております。